年頭にあたって 新年のご挨拶 | 「ゆるぎない信念が東京を変える!」「誠実に、まっすぐに。」

鈴木あきひろオフィシャルサイト

鈴木あきひろアメブロ

自由民主党

新着情報

年頭にあたって 新年のご挨拶

明治維新後150年の本年

 一陽来復の新春を迎え、皆様には健やかにお過ごしのことと、心よりお慶び申し上げます。また昨年の東京都議会議員選挙では、力強いご支援を賜わり、心より感謝御礼申し上げます。皆様からの負託にお応えさせて頂くためにも、新たな決意をもって、全力で取り組んで参ります。
 150年前の3月14日、京都で明治天皇が天神地祇(あまつかみくにつかみ)に国是五箇条を誓われました。奇しくも同日江戸では、勝海舟と西郷隆盛による江戸談判が行われ、奇跡的な無血開城が実現しました。
正に様々な変革を成し遂げた近代日本の始まりであり、その日本の中心として東京が輝いて来られました歴史的な日であります。
 さて、戦後70年も過ぎ、私たちを取り巻く社会は、内憂外患の感が致します。そうした中、国民統合の「象徴」として歩んで来られました天皇陛下が、2019年4月30日に退位されることが決まりました。平成の終わりは、今日まで残り香を漂わせていた昭和が本当に終わることを意味すると言われております。
 図らずも同年9月20日には、世界三大スポーツイベントと言われますラグビーワルドカップ2019日本大会が東京で開幕し、翌年2020年7月には、戦後二度目となるオリンピック・パラリンピック東京大会が開催されます。世界の恒久平和を心から願い、そして戦後や、最近では東日本大震災の復興など幾多の困難も乗り越えて来た素晴らしい我が国「日本」、輝きのある「東京」を世界に示していかねばなりません。その為にも今一度、明治維新の心に、そして今日の東京を築いて来られた多くの方々に思いを馳せ、象徴としての天皇がおられる有り難い「日本」を継承して、ともに新時代を切り開いていく決意を持たせて頂くことが何よりも大切であると思います。
 本年は、こうしたことから都政にとって大変重要な一年となります。その為に、都政の停滞は決して許されません。小池知事と東京の未来にとって建設的な議論ができますよう、そして都政を前に進めていけますよう、全力で取り組んで参ります。
 本年も宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ戻る